知って得するホットカーペットの掃除と電気代の節約法

f:id:asawabe1023:20160525164112j:plain

ホットカーペットは、冬になると大活躍してくれる、家の中になくてはならないアイテムです。 だけど、掃除はどうやればいいのでしょうか。

電気製品だから丸洗いはできませんよね。 それに、電気代ももっと節約できないのでしょうか。 ホットカーペットを安心安全に使用するためのノウハウをご紹介します!

ホットカーペットの掃除

ホットカーペットは、いまやコタツに代わって冬を代表する暖房器具になりました。 だけど、ずっと敷きっぱなしで、多くの人が使うホットカーペットは、いつの間にかほこりとダニの巣になっているかもしれません。

ここではホットカーペットの掃除のノウハウを教えちゃいます!

カーペットにブラシをかける

カーペットには、単なる汚れやほこりのほかに、髪の毛やペットの毛なども絡まっています。 さらに食べこぼしなどもありますから、こういったものは、掃除機だけでは取りきれません。

カーペットの汚れを効果的に落とすには、ブラシを使って掃除しましょう。 髪の毛やペットの毛などは驚くほど取れますよ! ブラシは100円ショップで売っているもので十分です。

やり方は簡単です。 カーペットの毛足に逆らうようにブラシでかきながら、掃除機のノズルを当てて吸い取ればいいのです。

ブラシで汚れをかき取るときに、ほこりが舞い上がらないように、スプレーを吹きかけるようにしましょう。 ファブリーズのようなものなら、ある程度除菌ができて臭いも消せるので便利です。

カーペットに掃除機をかける

カーペットに掃除機をかける場合は、何度も動かしてかけるより、ゆっくりかけるほうが効率よくかけられます。 どうしても取れない汚れは、掃除機をカーペットの目と逆向きにかけると簡単に取れる場合があります。 丹念に掃除機をかければ、ダニも取れるし髪の毛やペットの毛も除去できます。

洗濯できるホットカーペット

ホットカーペットも、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えれば気持ちいいのに、と思った方もいらっしゃるでしょう。

最近は、洗濯できるホットカーペットもありますので、そういったものを使うと便利です。 洗濯機で洗うことで、汚れもダニもきれいに洗い流して気持ちよく使うことができます。

しかし、洗えるホットカーペットはせいぜい畳1枚くらいの大きさしかありませんから、独身者向けのサイズということになります。

カーペットを洗濯するときは、洗濯機で洗えるかどうかを確認してください。 洗濯機で洗えるなら、グルグル丸めて大きな洗濯ネットに入れて洗いましょう。

コードの接続箇所は内側に丸め込んで破損しないようにします。 洗うときは中性洗剤を使って、最後は柔軟剤を使うとふわっと仕上がります。

洗濯機で洗えないホットカーペットは手洗いしましょう。 手洗いは風呂の浴槽などで押し洗いをして、すすぎはシャワーを使うと便利です。

ただし、問題は乾燥です。 冬場は外に干しても乾くまでにかなり時間がかかりますから、天気のいい日に洗いましょう。

img_95221115

洗濯できるラグマットを使う

洗濯できないホットカーペットは、洗えるラグマットを上にかければ、それを洗濯することでいつでも清潔な状態でホットカーペットを使うことができます。

飲み物をこぼしたり汚れが気になるときは、ホットカーペットのカバーを洗濯できればスッキリしますからね。

ラグマットを洗うには、まず表面のごみを掃除機で吸い取りましょう。 次に、ラグマットを四つ折りか八つ折りに畳んで風呂場の浴槽の中に入れます。

次に、ちょうどラグマットが隠れるくらいの水と、中性洗剤を注いでください。 中性洗剤は、すすぎ1回タイプにしたほうがすすぐときに楽です。

次に、ラグマットを足で踏み洗いします。 十分に踏み洗いしたら、水を入れ替えてすすぎます。 汚れがひどいときは、すすぎ洗いは数回繰り返しましょう。

次に、浴槽の水を抜いてラグマットを踏みしめて、なるべく水分を抜いてください。 このあとベランダに運んで干しますが、ラグマットは水を吸った状態ですから、かなり重くなっています。

冬場の日ざしでは、ラグマットが乾くまでに時間がかかりますから、2~3日干したままにしましょう。

ホットカーペットで電気代を節約する技

ホットカーペットの下に断熱シートを敷きましょう。 こうすると熱を下に逃がさないために、ホットカーペットの熱効率がよくなって、電気代の節約になります。

また、ホットカーペットは右・左・全面の三段階の切り替えができますので、使っていない面はこまめに切るようにすると電気代が節約できます。

まとめ

じゅうたんやフローリングは、毎日掃除しないとほこりがたまります。 あまり考えたくないですが、ホットカーペットも同じだけ汚れているのです。 できれば、ホットカーペットもこまめに掃除したいものです。