スペースを有効活用したい!クローゼットの収納方法

f:id:asawabe1023:20160525164112j:plain

スペースを有効活用したい!クローゼットの収納方法

収納箇所の代表例である「クローゼット」。 便利であるが故、このクローゼットにいろいろなものをつっこんでしまい、結局何が入っているのかも把握できなくなってしまった、という人も多いのではないでしょうか。

今回は、ごちゃごちゃしてしまいがちなクローゼットの収納方法をお教えします。

「クローゼットの高さ」をうまく利用して

クローゼットというのは、意外なほど高さがあるものです。 そのため、洋服をポールにひっかけても、その下の部分は大きく開いています。

そのため、ここにケースや収納ボックスを入れることにより、収納力を劇的に増やすことができます。

また、クローゼットの壁面も上手に利用したいところ。 ここにハンガーをかければ、スカーフやマフラー、帽子といった小物類をひっかけておきやすくなります。

選ぶべきは中身が見えない箱?中身が見える箱?

また、クローゼットの下にクラフトの収納ボックスを置いている人もいると思います。 これらは大変便利なのですが、購入前に、「中身が見える箱にするべきか、それとも見えない箱にするべきか」を考えてください。

中身の見えない箱は、ごちゃごちゃした小物を入れたり、人に魅せたくないものをしまったりするときに便利です。 ただ、帽子やカバンのようなものを納める際には、中身の見えている物(透明の窓があるもの)が便利。 何かを探すときにすべての箱の蓋をあける手間がいりませんし、どんな物を持っていたのかわからなくなってしまった、ということもありません。

型崩れを防ぐことを第一に考えるなら、その商品を購入した時についてきた箱がもっとも便利です。

その時々に合わせて使える伸縮タイプ

引っ越しが多かったり、模様替えが多かったりする人におすすめなのが、伸縮タイプの収納棚です。 そのときに必要なサイズにあわせてスペースを広げたり狭めたりできるので、どんなクローゼットにも対応できます。 ただ、この類のものは、耐久度的に少し不安なものもあります。 荷重量などについては事前にしっかりと確認しておきましょう。

【参考URL】 https://www.iris-interior.com/syuunoujutu/closet/02.asp