和モダン照明が素敵!日本を愛する人へ

f:id:asawabe1023:20160525164112j:plain

悲しくも、畳離れが進んでいる昨今の日本。

こんな時代だから読んで欲しい!和室にモダンなライトがかかるだけで、一気にその空間はスタイリッシュにも、リッチにも、クラシックにもなります。

最近、インテリアの中でも注目されている、和モダン照明についてのご紹介していきます。

和室に合う照明とは

ただ「和モダン照明が良い!」などと聞くだけでは、何がどう良いのかが分かりませんね。その「良い!」の理由には主に2つあります。

室内の雰囲気に合う照明を飾ることによって空間をまとめる照明のデザイン・色・模様で、室内の印象を変える

① のアイデアはなんとなく想像がつきそうですが、②のアイデアは少しでも具体的な説明がないとつまらないでしょう。

モダンな照明で一気に和室の雰囲気を変える、素敵な方法をお教えます!

和室にシャンデリア照明で異空間へ!

「和室にシャンデリア?」という声が聞こえてきそうですが、意外にもシャンデリアと和室の相性が良いのです。それはシャンデリアが持つ、そもそもの性質にあります。 シャンデリアは応接間など、外部からのお客様を迎える空間に飾られる照明ですよね。

日本の和室も、基本的にはお客様を迎える空間です。バロック様式の様な、ド派手なシャンデリアはさすがに和室には合わないかもしれませんが、お客様を迎える空間である和室にはぴったりと合うのです。

シャンデリアのサイズや輝き方で、その空間がより高級感のあるものになったり、室内の印象がとても変わったものになることもあります。

鹿鳴館をご存知でしょうか?繁栄していた頃はちょうど和風文化から洋風文化へと移り変わる時代にありました。シャンデリアと和室のコラボレーションはきっと、あの鹿鳴館の異風な質感に近づくことがあるかもしれませんね。

灯るスタンドライトで和室に温かみを

スタンドライトも二つの意味で和室に合いますし、先ほど述べた二項のマッチの仕方が見られます。

もともと和風なスタンドライトであれば、誰でも迷わずに「使ってみよう」となるのですが、洋風なものや中華風のものであるとなかなか挑戦しようとしません。ですが、スタンドライトの可能性もなかなか広いのです。

面白いのが中華風のスタンドライト。歴史的な背景として、中国文化が日本へ伝播されて、それが日本の中で少しずつ変化したということがあります。和風は日本で形成されたものもあれば、中華から和風へと変化したものもあるのです。

中国でも畳文化はありますから、中華風のライトも、和モダン照明として活躍すること間違いなしです。