おしゃれなキッチングッズ!これを持っているだけでお料理ラクラク

f:id:asawabe1023:20160525164112j:plain

「便利なキッチンアイテム」があれば、料理をすることや台所に立つことはもっと楽しくなります。 それがおしゃれなものであれば、なおさらテンションがあがるでしょう。

便利でおしゃれなキッチンアイテムを、料理の仕事をしている筆者がお伝えします。

スチーマーがあれば温野菜も簡単

食べるための食器と、調理器具としての性格を併せ持った便利器具。 それは「スチーマー」です。

これは、野菜などを切り中に入れ、蓋をする(ラップをふんわりかける、というタイプもあります)電子レンジで数分加熱するだけで、しっかりと火が通った料理ができるという優れもの。 わざわざ蒸し器を使う必要がありませんし、ある程度水分量のある材料ならば追加で水などを入れる必要もありません。

シリコンタイプのスチーマーが有名ですが、陶器タイプもあります。 どちらも同じように使えますが、しいて違いをあげるのであれば、シリコンは本体が熱くなりにくいこと、陶器タイプは臭いが付きにくいのが魅力です。

計量カップは「耐熱温度」で選んで

誰の家にでもある「計量カップ」も、選び方が重要です。 現在は耐熱性に優れるものが主流になっていますが、なかには80℃程度までしか耐えられないものもあります。 計量カップは、「沸騰したお湯を入れられるかどうか?」によって使い勝手が大きく変わってきますから、100℃以上の熱に耐えられるものを選ぶのがオススメです。

現在は、キャラクターを配したり、アヒルなどのかたちをとったりするかわいらしい計量カップも出ています。 これらも大変人気がありますが、「日常的に料理をするために使う」ということであれば、やはり目盛りがついていた方が便利です。 外側に目盛りがついていると外見を損ねてしまいますから、内側に目盛りを入れた陶器製などがよいでしょう。

「封をすること」にもこだわれば、キッチンはこんなにかわいくなる

一度開封した食材の袋を閉じるとき、多くの人が「輪ゴム」を選ぶのではないでしょうか。 たしかに、輪ゴムはとても優れたアイテムです。安価ですし、しっかり封をすることができますし、場所もとりません。

ただ、「もっと可愛くしたい」「もっとおしゃれなアイテムを使いたい」と考える人もいるのではないでしょうか。

こんな人には、プラスチック製のクリップがオススメです。 ピンクや緑色、あるいは紫色といった配色がなされているものや、チェック柄やお花柄のものなどがたくさん出ています。 一度買ってしまえば使いまわしも利きますし、これで統一すれば、冷蔵庫の中やキッチン台もぐっと華やかになります。

日常的に使う台所だからこそ、もっと便利に、もっとかわいく使いこなしたいですね。