ダイソンのコードレス掃除機。収納場所の注意点とおすすめ収納法

f:id:asawabe1023:20160525164112j:plain

最近人気のダイソン コードレス掃除機。コードレスというだけあって、移動の際にもコードを気にする必要もなくスムーズに掃除ができ、かつ吸引力もバツグンというスグレモノ。 しかし、コードレスなので置き場所を考えるときにも、充電のためのコンセントを探すことになってしまいます。

コードレス掃除機を置くとき、専用のカゴや棚を作ったりバスケットに入れたり、はたまた吊るしたりと皆さんさまざまな努力をしている様子。 今回はコードレス掃除機の収納場所の注意点やコンパクトに収まる収納法をご紹介します。

コードレスなので充電のためのコンセントを確保すべし

今回は人気の高いダイソンのコードレス掃除機についてですが、この商品に限ったことではなくコードレスタイプやスティックタイプの掃除機って置き場所に困ってしまいますよね。 みなさんが何に一番悩むかというと、収納したい場所に充電するためのコンセントがないこと

最初の頃は充電が完了したのを見計らってウォークインクローゼットの中にしまっていたのに、だんだん面倒になってきてそのまま放置、充電さえできればいい…という人もいるようです。

確かにコードレス掃除機って場所移動もスムーズですし線が絡まることもない、ちょっと見ないうちに色んなものを引きずってきていたなんてこともないので非常に快適なんですよね。 しかしコードレスと言うことはすなわち充電式ということですから、コンセントの確保が必要不可欠でもなかなかクローゼットの中にコンセントってついていないので非常に置き場所に悩むところではあります。

賃貸物件でクローゼットの中にコンセントがある、なんていう気の利いた部屋ってあまりありませんし一軒家であってもあまり見かけない造りではありますよね。

思い切ってコンセントの前を陣取る

コードレス掃除機置き場にコンセントが不可欠、ということが分かった以上、コンセントとコードレス掃除機の置き場を離すわけにはいきません。

コードレス掃除機の充電のために、延長コードを使っても部屋がゴチャゴチャして見えてしまいますから、ここは思い切ってコンセントの前を陣取ってしまいましょう。 しかしコードレス掃除機って倒れやすいですし、子どもやペットのいるお宅だとより心配ですよね。 コードレス掃除機はそれほど重いものでなくてもケガの原因になることは十分ありえます。

そこで、コンセントの前を陣取りつつ安全に保管する方法としておしゃれなバスケットやカラーバケツを用意してその中に収納してしまう方法があります。 敢えてコンセントの前に配置してコンセント周りのゴチャゴチャした部分を隠してしまう効果があります。

しかし、隠してしまえる半面普段見えない場所なのでほこりがたまりやすくなってしまう傾向がありますから注意してくださいね。

場所を取りたくないのならスッキリ吊るす方法も

中には壁に立てかけるのがどうも気に入らないとか、床のスペースが取られるのがイヤだという人もいるでしょう。そういう人には吊るすという方法もオススメです。 少し本体が重いので丈夫なフックとしっかりした吊るし場所を用意できるのであれば吊るすのもスペースの有効活用になりますよね。

部屋の中には意外とコードレス掃除機がぴったりはまるような微妙なスキマって多いんですよね。洗濯機と壁の間や冷蔵庫と壁の間、タンスと壁の間など、家具家電と壁の間ってスペースとして余りやすいんです。 注文住宅であればある程度設計時点で、どのくらいの家具を置く予定だとか計算していればスキマはできにくいですが賃貸住宅や建売り住宅などはそうはいきませんよね。 そういったスキマを埋めるために吊るすというのも一つの有効な収納方法と言えそうです。ただし、電化製品なので水回りに置くときは十分注意してくださいね。

中には自作でダイソンのコードレス掃除機専用BOXを作ったり、専用のカゴを作って収納したりしてその見た目にもこだわり、一つのインテリアとして楽しんでいる人もいるようです。自分で作ってみようと思う人は見た目にもこだわるといいかもしれません。

まとめ

ダイソンのコードレス掃除機は非常に人気があっていい商品ですよね。

しかし置き場所に困ってしまうこともありますから、大きさや重量などある程度調べて自宅のどのあたりに置き場所を設けるか熟慮したうえで購入を検討したほうがスムーズに事が運ぶことでしょう。