防犯・セキュリティ、大丈夫?100円から簡単に導入できる防犯アイテム

f:id:asawabe1023:20160525164112j:plain

あなたの自宅は「防犯対策」がしっかり出来ていますか? 「きちんと戸締りをしているから……」 「このあたりは治安がいいから……」 そんな認識が、取り返しのつかない事態を招いてしまう危険もあるのです。 特に女性の一人暮らしの場合「まさか自分が……」という思いが、恐ろしい結果を呼んでしまうかもしれません。 100円ショップグッズでもできる、簡単な防犯をご紹介します。

一番気をつけたい「窓」の対策

空き巣の約6割が、窓から侵入するといわれています。 戸締りを徹底するのは基本ですが、中には窓ガラスを故意に割って侵入するケースも存在します。 悪質なケースを防止するためには、防犯用の窓ガラスフィルムを貼り、対策しましょう。

また、自室がアパートやマンションの上階だからと言って安心はできません。 上階の部屋にも、ベランダを伝って侵入されてしまうことがあります。 万が一のため、ベランダには砂利やビー玉など、音がするものを敷き詰めておきましょう。 足元も不安定になり、防犯効果を期待できます。

「玄関ドア」の対策は?

施錠を心がけていても、やっぱり怖いのがドアからの侵入です。 ドアスコープを外し、針金を入れてドアの内側にある鍵を開けられてしまう場合もあるんです。 ドアの内鍵は「サムターン」と名付けられていることから、この手口は「サムターン回し」と呼ばれます。 狙われやすいやり方ですが、サムターンにカバーをかけるだけでサムターン回し対策ができます。 100円ショップで売られているカバーを利用して、あらかじめ対策しておきましょう。

また、見逃しがちなポイントに「ドアスコープ」があります。 ドアスコープを利用して、人の気配をチェックされてしまうことがあります。 100円ショップで手に入るマグネットやカバーを駆使して、ドアスコープを防ぎましょう。

さらに郵便ポストから覗き行為を行う悪質な行為にも注意しましょう。 ドアスコープと同様にカバーをしておくのが懸命です。 ドアそのもののセキュリティはもちろん、ドアスコープ・郵便ポストにも視界をさえぎる一手間をかけましょう。

防犯のポイントは?

さらに防犯を徹底したいという人は、犯人が苦手な要素を自宅周辺に用意しましょう。 もっとも効果のあるものは、やはり「防犯カメラ」です。 しかし、実際に設置するにはコストがかかりすぎてしまいます。 そこで、ダミーの防犯カメラや「防犯カメラ作動中」というステッカーを用意しましょう。 実際に撮影できなくとも、心理的効果を期待できます。

さらに、空き巣の犯人は光や音を嫌います。 センサーで人を感知して光るライトや、音が出るシステムを設置すると効果的です。

まとめ

同じ場所に長く住んでいると、生活に慣れが生じます。 慣れは、防犯意識を鈍らせてしまうという怖さがあります。 「防犯」「セキュリティ」と言うと大掛かりに感じてしまうかもしれませんが、市販のグッズで簡単に出来るのがお分かりいただけたのではないでしょうか。 普段の暮らしを一度振り返り、対策をしてみてくださいね。