建築条件付き土地を購入するときの注意点

f:id:asawabe1023:20160525164112j:plain

注文住宅を建てたくて土地を探してみると、「建築条件付き土地」というのが目につくようになるはずです。 これは一体どういう意味なのでしょうか。 間取りやデザインに条件がある?平屋とか何階建てとかの希望が出せない?などあらゆる条件が考えられるかもしれませんね。 しかし、この条件というのはそういう間取りや階数の条件ではありません。

売主(もしくは売主の指定する施工会社)を使って住宅を建築してください、という条件なのです。 この条件があることによって割安になる反面、使える材質や工法に限りが出てきてしまい自分の自由にデザインできない可能性があるというデメリットも。

そこで今回は、注文住宅を検討している人に向けて建築条件付き土地についてご紹介します。

そもそもどういう条件が課されているのか

たとえば、マイホームを購入しようと検討したときあなたはどんなイメージをしますか?すでに建てられた家を購入する、いわゆる建て売りの住宅を購入するか。もしくは土地をまずは用意して、そこに自分の思ったような注文住宅を建設するか。

そう考えたとき、「建売ってなんだか安っぽい…」とか、「隣近所と家のデザインや形状が似ていてヤダ」という人も結構いますよね。 そして注文住宅がほしい、という結論に至ります。

まずは土地か、と思い土地を探してみると「建築条件付き土地」というのがまず目につくと思います。

さて、この「建築条件付き土地」とは一体どのようなものなのでしょうか。 率直に意味から言ってしまえば、土地の売主から「この業者で建築してくださいね」という条件が課されている土地のこと。 売主が建築会社であれば「自分のところで建てるなら土地を売ってあげますよ」という意味ですし、売主が建築会社でない場合もあります。

建物と土地の両方がいっぺんに売れるわけですから、相場は安めに設定してあることが多いんですね。 なので、「注文住宅を建てたい」と希望する人の中にも結構この「建築条件付き」に目を光らせている人が多いのです。

建築条件付き土地を購入するメリット

建築条件付き土地の大きなメリットとしては、やはり通常の土地よりも割安感があることでしょう。 当然、売主サイドとしては土地と建物が同時に売れるわけですからディスカウントしても痛くないわけです。そしてそれは同時に消費者である私たちにとっても非常に大きなメリットとなりますよね。

また、土地の売主と業者が同じもしくは懇意であるために土地の測定やその後の作業がスムーズにいくことが多いです。

というのも、売主側が参考資料として建築例を持っているケースも多いですし土地の購入を検討したいとなればすぐに売主もしくは懇意の業者が駆けつけてその土地に合ったモデルの参考プランを提示してくれるはずです。 そのため、資金計画もわかりやすく、割安感があってスケジュール的にも非常にスムーズなやり取りが期待できます。

建築条件付き土地を購入するデメリット

さて、この建築条件付き土地というのが結構厄介者なのです。というのも、売主からの業者指定があるため、自分の希望するハウスメーカーに依頼することができません。メーカーや施工会社によって使える材質や工法が異なるため、自分の想像しているような家のデザインに仕上がらない可能性はあります。

もし懇意にしている施工会社があり、かねてからそこに依頼しようと思っているという場合。 好みの土地があったとしても、この「建築条件付き」であることによってその希望が叶わないケースがあるのです。

「建築条件付き土地」は売主側、もしくは売主と手を組んでいる施工会社のメリットの方がはるかに大きく、買主は細心の注意を払って購入を検討しなければなりません。契約を結んでしまった後、もしくは家の施工に着手した後では後の祭り。 事前に自分の希望するデザインや材質で施工ができるかどうか、その際の費用はどのくらいになるのかをきちんと確認するようにしてください。

まとめ

いかがでしたか。割安感だけで選んでしまうと、費用が大きくかさんだり、デザインに自由が利かずせっかくの注文住宅なのにほとんど建売りと変わらない仕上がりになったりするケースが考えられます。

施工業者としっかり打ち合わせをして、入念に確認してから購入を検討するようにしましょう。