読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

階段 リフォームの相場

f:id:asawabe1023:20160524124147j:plain

間取りとは違うけれども家にとって重要なパーツ

階段がなければ上階への移動ができませんよね。

そうではなくても階段はいま、家の内装の一部として、ただの機能的なものとしてではなく注目されています。

例えばスケルトン階段というのもその一つ。

階段は踏み板だけで、蹴込み板がないという階段を採用されるお宅も増えてきています。

どうしてそうするかというと、例えばあまり日当たりが良くない場所に階段があって、上からは採光が取れるという場合にこの階段にします。

すると、下の階まで階段の隙間を通して光が届くようになります。

また視覚的にも抜けがあることで開放感がでて、広く感じられる、というメリットもあるのだそうです。

そして階段が違うと空間そのものが全く別の場所のような雰囲気に感じられます。

例えば、お子様が小さいご家庭では滑りにくい素材や怪我をしにくい素材に変えるといった簡単なリフォームでも安全対策ができます。

階段 リフォームの相場はどのくらいかご存知ですか?

一番多い階段 リフォームというのが、安全に使える滑りにくい素材への変更を希望される場合なのだそうです。

例えばコルク材やカーペットに変える場合のリフォームですと、10万円以下で済むケースが多いようです。

階段が老朽化したので、新しくしたい、ちょっと雰囲気やデザインを変えてみたいといったリフォームで段数の変更が少ないケースでは21~50万円でできたとおっしゃる方がもっとも多くいです。

次いで多かったのが11~20万円ということでした。

階段が一段の高さが高く使いづらいということですと、段数を増やして施工することになります。

それができるだけの余白的なエリアが残っていればよいのですが、そうではない場合は周りの部分の間取りにも手が入ることにもなります。

その場合には51万円以上かかるということもわかりました。

逆に段数を減らしたいということですと、現在ある階段の基礎部分を見ながら可能な範囲で行っていくことになるのだそうです。