リフォーム時にお金がもらえる?知らなきゃ損な助成金の話

f:id:asawabe1023:20160629101601j:plain

リフォームを行うときに、問題になりがちなのはやはり費用ではないでしょうか。

金銭的な余裕がないからと、つい後回しにしてしまうこともあるかもしれません。

そんなときには、各地方公共団体・自治体の支援制度を活用してみてはいかがですか?

リフォーム時に活用できる助成金について、ご説明いたします。

例えば、介護が必要なら……

ご家族に「要支援」もしくは「要介護1~5」に認定された人はいますか?

介護の必要な人のいるご家庭では、リフォーム時に介護保険制度を利用することができます。 介護によってリフォームが必要な場合には、最大18万円を受給できます。

助成金を利用する場合、工事の内容が定められたり、諸手続きが必要になったりします。

ケアマネージャーの方に力を借りながら計画することをおすすめします。

さらに、各自治体に申請することでも、助成金を受給できる場合があります。

自治体ごとに対応は異なりますので、お住まいの自治体に問い合わせてみてください。

自治体ではどのような支援がある?

一例として、新潟市の制度を見てみましょう。

新潟市では

■高齢者向け住宅リフォーム助成

障がい者向け住宅リフォーム助成

■空き家活用リフォーム推進事業

■耐震シェルター・防災ベッド設置補助

■住宅かさ上げ工事女性 など、さまざまな制度を実施しています。

助成金をもらえる工事は多種多様であることが分かりますよね。

このほかにもまだまだ制度はあり、それぞれ条件を満たしたリフォームに助成金が発生します。

リフォーム検討時には、助成金を受給するための条件をあらかじめ確認しておくといいですね。

助成金はどのように受け取る?

自治体の助成金を利用したリフォームを、具体的に検討しはじめてからの流れをご説明します。 一般的に、助成金の申請時には書類審査が必要となります。

自治体が書類と市税完納の双方を確認すると、「交付決定通知書」が発行されます。

郵便物を受け取ったら、いよいよ工事の契約を行い、着工してください。

すべての工事が終わったら、完了実績報告書を作成します。 これと請求書を自治体に提出し、問題がなければ補助金が支払われます。

書類の提出が遅れた場合やなんらかの不備があった場合には滞ることもあります。

スムーズに進めるためには、なるべく早めに動くことを心がけましょう。

まとめ

リフォーム時には、金銭面の問題がもっとも大きな障害となるのではないでしょうか。

しかし、暮らしの中心となるからこそ早い段階で手を入れておきたいものです。

お困りの際には自治体のホームページをチェックしてください。

リフォームにまつわる、有益な情報をゲットできるかもしれませんよ。