電力会社おすすめランキング!売上高や料金表をもとにランキングしました。

f:id:asawabe1023:20160525164112j:plain

これからは電力も選べる時代!

2016年から電力会社の自由化が始まりましたね。携帯電話やスマートフォンのキャリア(会社)を自由に選ぶことができることと同じようなことですよね。みなさんが携帯電話やスマートフォンを初めて契約するときにもキャリアを自分で選びましたよね。 これからは電力会社も自分で好きな電力会社を選んで契約することができるんです。そうなると、人気の高い電力会社はどこなのか?少しでも電気料金の安い会社が良いななど、乗り換えるのかン乗り換えないのか、どんな電力会社があるのかなど気になるでしょう。 どのような電力会社があるのか?お得な電力会社はどこなのか?ぜひ参考になさってみてくださいね。

このような電力会社があります

東京電力関西電力中部電力九州電力東北電力中国電力北海道ガス北ガス・日本アルファ電力・静岡ガス&パワー・東燃ゼネラル石油伊藤忠エネクス・丸紅・ENEOSでんき・エネット・F-POWER・ダイヤモンドパワーエネサーブ・プレミアムグリーンパワー・auでんき・SBパワー 今みなさんが実際に利用されている電力会社もあるのではないでしょうか。 携帯電話やスマートフォンを利用している人も多いであろうauの電力会社もあるんですね。

電力会社おすすめランキング!その①(売上高をもとにランキングしました)

第一位:東京電力(売上高:6兆6314億円) 第二位:関西電力(売上高:3兆3274億円 )第三位:中部電力(売上高:2兆8421億円) 第四位:東北電力(売上高:2兆0388億円) 第五位:九州電力(1兆7911億円)

電力会社おすすめランキング!その②(料金表をもとにランキングしました)

(これは、一般の家庭で1ヶ月に使用する平均的な量である300kWhで算出しています。) 第一位:北海道電力¥8148 第二位:沖縄電力¥7896  第三位:東京電力¥7838  第四位:東北電力¥7637  第五位:関西電力¥7441  第六位:中国電力¥7308  第七位:四国電力¥7054  第八位:九州電力¥7004  第九位:中部電力¥6853  第十位:北陸電力¥6642 このような結果になりましたが、北海道と沖縄の料金がとくに高いということが驚きでした。みなさんはどう思われましたか? 1位の北海道電力と10位の北陸電力では、¥1506の差がありました。ひとつの家庭が同じ量の電気を使用したとしても契約している電力会社や住んでいる地域によってこんなにも差額が出てしまうんです。

まとめ

これまでは、東京電力関西電力が独占してきたのですが、これからは電力会社を自由に選択することができるようになりました。 なぜ電力会社を自由に選ぶことができるようになったのかと言いますと、大手電力会社が独占していたのでは企業のコスト削減であったりサービスの向上などへの意欲が低下してしまうと考えたのです。 電力会社の選択を自由化することで企業の競争を活性化し、料金を引き下げるサービスなどのサービスの充実が狙いだということです。自由化されたキッカケは東京電力福島第一原発事故でしょう。全国の原発が停止しましたよね。私が住んでいる地域にも原発があります。 停止していた原発は再開されました。原発の再開にはとても多くの人が反対していたのですが、賛成している声も多くあったようです。福島第一原発の事故をキッカケに全国の原発が停止し、日本は電力不足に陥ってしまいましたよね。 東京電力以外の地域電力も値上げをしましたし、大手電力会社が安価で安定した供給をするということの義務を果たせなかったのです。このようなことから電力会社を自由に選択することができる電力の自由化が一気に進みました。 新規参入した企業もありますが、停電などの心配の声が上がっています。自社で発電所を持っていない電力会社は、卸電力取引市場から購入したり、発電所を持っている企業から仕入れています。 ですから、どの電力会社を利用したとしても同じ電気であるということです。