お気に入りの香りの柔軟剤をもっと活用しませんか!こんなことにも使えちゃうんです

f:id:asawabe1023:20160525164112j:plain

ふわふわが最高!

柔軟剤は、繊維に柔軟性を与えるためにお洗濯の仕上げ剤として使用するものですよね。柔軟剤を使用するとの使用しないのでは、お洋服の着心地も全然違いますし、静電気がバチバチしてしまうことを予防することにも役立ちます。 とくに柔軟剤の効果を実感しやすいのがタオル類なのではないでしょうか。柔軟剤を使用していないフェイスタオルで顔を拭いたときのあのゴワゴワ感と言いますか、タオルがギシギシしていて肌が傷ついちゃうんじゃないかというくらいです。 タオルをお洗濯するときには必ず柔軟剤を使用しているのですが、やっぱり柔軟剤を使用したタオルは柔らかくて肌触りもとっても気持ちが良いものです。 最近では、香りを重視した柔軟剤もとても多く販売されていますよね。ただ、あまりにも香りを重視しすぎてしまったのか、柔軟剤の本来の役目である繊維に柔軟性を与えるという部分が疎かになってしまっているものもあると気づきました。 私も香り重視で買ってしまったので悪かったなと思うのですが、やっぱりお洗濯ものが柔らかくなる柔軟剤が良いなと思って。香り重視で買ってしまった柔軟剤は、お洗濯のときに使用する柔軟剤としてではなくて、お掃除のときに使うアイテムに替えて使うようにしてみたんです。 香りがとっても気に入った柔軟剤だったので、お部屋などのお掃除に使うことで、この香りを楽しめたら良いなと思ったんです。 柔軟剤をお掃除に使用するという方法なのですが、お気に入りの香りを楽しむことができるというだけではなくて、その他にも嬉しい効果があります。 みなさんにもぜひお試ししてみて欲しいと思いますので、柔軟剤をお掃除に使用する方法をご紹介したいと思います。

柔軟剤をお掃除に使用する方法!

用意するものは、お気に入りの香りの柔軟剤・水・スプレーボトル・乾いた布、この4つです。 スプレーボトルは100均などで購入することができます。水は水道水でも構いません。乾いた布も100均で購入しても良いですし、不要になったタオルや雑巾でもOKです。お掃除に使用するのですが、なるべくなら新しいキレイなタオルを使用した方が良いと思います。 スプレーボトルにお水をたっぷりと入れます。そして柔軟剤を加えるのですが、柔軟剤を入れる量はお好みで大丈夫です。 あまり入れすぎると逆にお掃除しなければならないほどベタベタしてしまう可能性もありますので注意しましょう。ドラッグストアなどで購入することができるアルコールを少し入れることで除菌効果をプラスすることもできます。私はアルコールをプラスして使っています。柔軟剤スプレーと呼んでいるので、以下、柔軟剤スプレーとして紹介させてください。 出来上がった柔軟剤スプレーをお掃除したい場所にシュッシュッ!と吹きかけたら乾いた布で拭き取ります。 汚れが気になる場所であれば、乾いた布に柔軟剤スプレーを染み込ませて拭き、仕上げに乾いた布で乾拭きすると良いと思います。私が柔軟剤スプレーを使用してお掃除するのは、窓ガラス・テーブル・鏡・便器・椅子・ドアなどです。フローリングのお掃除を柔軟剤スプレーでやってみたこともあるのですが、ツルツル滑りやすくなってしまうので危険だなと思って以降やめました。 あんまりオススメはできないですけど、もっと柔軟剤の量を減らして作った柔軟剤スプレーであれば良いかもしれません。 柔軟剤の成分には、コーティングの役目のある成分が含まれているのですが、この成分のおかげで汚れを付きにくくしてくれる効果があります。塗料や材質にもよりますが、変色してしまうなどの可能性もありますので注意して使用するようにしましょう。 私が使用した中では何か問題があった家具などはありませんでした。私が使用している柔軟剤スプレーを作るときの割合は、350mlの水に対して柔軟剤をティースプーン1杯入れています。カーテンにスプレーすると部屋に風が入ってきたとき、とっても良い香りが漂って気分が良いですよ。